ラブとピースとフレッシュを

夢を語り、歌を歌い、愛を叫ぶ。
ずっと青いままのLIFE!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 半沢直樹から学ぶ
テレビドラマ『半沢直樹』

ちらっとみたらどっぷりハマって

小説まで全部読みました。

この物語で学んだことは、、、

自分の視点を大切にするという事。

そして正義を貫くという事。

自分の正義は相手にとっては悪になるかもしれないんだけど

みんな自分の『我』をもっとだして

正しいと思うことを思いっきりやっていったら良いんだよね。

遠慮はいならい、当たって砕けろもたまにはいいじゃない。

てことかな。


金に目がくらんじゃいけない。

歪んだ夢を見てはいけない。

だけど、、、

『人間ってのは生きていかなきゃいけない。だが、そのためには金も夢も必要だ』

そういうことよね。

半沢さん。


SEE YA!


| comments(0) | trackbacks(0) | 00:22 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# コンセプトのつくりかた
今月もひーひー言いながら

本、読んでます。

『コンセプトのつくりかた』玉樹真一郎 著

任天堂「Wii」の企画開発者で

今は地元青森にUターンし

コンサルティングやアプリの開発などをされている方の

発想術が書かれています。


就活も恋愛も人生だって

コンセプトは大切。

ありきたりの誰でもいいなって思うモノじゃなくて

ちょっと謎めいた

良さそうだけど、どうなんだろう。

ホントにそんなんで大丈夫!?って思うような

未知の良さを発見することが大切だよって書いてあります。

確かにWiiを思い出すと

色々、未知な事がたくさんでしたよね。

片手でもつコントローラー。

名称はリモコンだった。

テレビの前で体を動かす。

それを家族でもやれるっていうのは

画期的。

ファミコンは母親の敵だったからね。

ゲームやる暇があれば勉強しろって

よく言われてませんでした!?


一人っきりでゲームをやっている時間は浪費。

でも家族みんなで楽しんでやれて

みんなでコミュニケーションが取れるならば

それは円満な家庭生活を送るための投資になっちゃうから

ステキ!


そこに気づいてしまったプロセスが書いてあります。

アイデアの出し方会議!

これをRPGゲーム、ドラクエに当てはめて書いてあります。

リーダーは勇者です。

かなり参考になりますよ☆

面白いしね!


そんな中で僕がとてもグッと来た文章があるので

ご紹介いたします!


「人と違うものを意図的に作りにいく」のではなく、

「まだ誰もその良さを知らないコンセプトを考えた結果として、

人と違う商品やサービスが出来る」というのが

本来のものづくりの姿であるはずです。



これは自分の経験も踏まえてほんとにそうだと思ったのです。

今、売れているモノとか素晴らしいモノがあって

それとは違うもので同じレベルのモノを作ろうと考えると

絶対にそんなもの出来ないんです。

そうじゃなくて、本当に自分が好きになれて

これはみんなには分かってもらえないかもしれないけれど

絶対にいいはずなんだって思うモノの方が

成功する確率が高いんですよね。

未知な良さっていうのは

不安がいつも付きまとうんだけど

その不安の雲をおもいきって突き破って

青空を見に行くぞっていう勇気が

何をするにも、

就職も恋愛も人生も

大事になってくるんですよね。


自分が好きだって思える情熱と

世界を良くしたいって感じる使命。

この2つが何よりも大切。


そんなことを“コンセプトのつくりかた”から

学びましたよ。


SEE YA!
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:49 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 2013年 読書記録 −3月−
3月はなんだか長かったなぁ。

これいつ読んだっけって分からなくなりました。

でもこういう時、ブログって便利ですよ。

自分の過去の行動が思い出せますからー★

では今月もまいります!

読書記録2013 no.13



『セカンドマネーを創りなさい!』
素人ができる投資は

一気にお金を儲けるキャピタルゲインではなく

コツコツ、チリツモのインカムゲインであるという

当たり前だけど、なかなか実践出来ないお話。

なんでも地味に毎日続けることが

将来、大きな財産として返ってくる。

目の前の事に撲殺されず、日々努力しようと再認識した本。



読書記録2013 no.14


『失敗のメカニズム』 −忘れ物から巨大事故まで−

世の中の事件は、ほとんどが人間のエラーによるもの。

いかにエラーを起こさないように気を付けるか。

ミスが起きにくいようなシステムを作れるか。

それを考えさせてくれる本。

プライベートでも仕事でも

自分が失敗をしたり、クレームが来たり

恋人と喧嘩したりすると

その修復にたくさんの時間を取られてしまう。

だから、その事件の発端となったことを

考えて反省して、次同じ事が起きぬように

行動を改めるための方法を作ることの大切さを実感しました。

時間がないから出来ないと諦めずに

時には立ち止まって自分の姿を鏡に写すように

客観的に見つめなおす時間が必要ですね。


読書記録2013 no.15



『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!』

全力で走り続けること、

自分を追い込むばかりが

早く走るための方法ではないと

教えられた本。

学生時代の部活では気合と根性を学びましたが

その頑張りにプラスして怪我をしないための

体のケア、してあげないといけない歳になりました。



読書記録2013 no.16



『日本の危機管理は、ここが甘い』
 「まさか」というシナリオ

これからの日本がどうあるべきかは

過去の歴史が教えてくれる。

その内容を分かりやすく解説してくれる本。

中国、ロシア、ドイツなどの

政治戦略、経済戦略を陰謀説と結び付けて

面白おかしく教えてくれます。

ふざけたような話から

貿易収支、資本収支のメカニズムなど

まるで予備校の授業の様に

体系立てて教えてもらえました。


一読の価値あり。

デフレがなぜいけないかより詳しく学びました。



読書記録2013 no.17



『フリーランスの教科書』

大きく4章に分かれていて

とても読みやすい。

あまり詳しい内容はありませんが

具体的な確定申告書の書き方が載っているので

フリーランス1年目のひとの

まさに『教科書』だなと思いました。

フリーになっていませんが

この手の本は何冊か読んでいるので

かなりすっ飛ばしで読めました。

同じジャンルの本をかため読みすると


頭にしっかり入ってくるし

スピードも上がるので

これからの読書の仕方に生かしたいなと

思いました。


そんな感じで今月は

文庫本を中心に5冊、読破!


4月もがんばるぜー!

さ、読書、読書。

今日は天気が良くて風がきもちいいー!



SEE YA!
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:43 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 失敗のメカニズム ーヒューマンエラーから学ぶー
『失敗のメカニズム』
忘れ物から巨大事故まで

IMG_0658.JPG
最後はこんな言葉で締められています。


あらゆる人が

日常に埋もれてしまいがちな失敗行動を

立ち止まって振り返り、

その背後にある要因や状況について考えてみることが、

安全文化の基盤となっていくのではないだろうか。



今日は3月11日。

東北の震災から2年が経ちました。

たった1日で

日本地図が変わってしまう。

そんな出来事が起きた日です。

地震を経験するまでは

ちっとも面白くない政治討論や

いつまでたっても進展の見えない経済対策。

財政破綻だとか、日本沈没だとか

脅しのようなニュースが報道されてても

なんだかんだ言って

生きていけるだろと

対して深く考えようともしなかった自分がいました。


でも地震を経験して。

津波の凄まじい映像を見て。

原発が爆発して

マンガみたいな煙が上がった瞬間を見て。

初めて、これは本当にマズイ事になったなと思いました。

いつ自分の身にも同じことが起きてもおかしくないなと

本気で思いました。

あの時、感じた危機感。

忘れないようにしないといけません。



本の話に戻りますが

内容はヒューマンエラーについてです。

人間が犯してしまうミスは

忘れ物から重大事故まで多岐にわたる。

1つもミスをしないというのは難しいにしても

いつ、発生したのか

要因は何なのか。

対処法はどうしたらいいのか、という内容が

たくさんの事例と共に書いてあります。


技術が進歩すればするほど

人間の扱えるエネルギー量は大きくなっていきます。

原発はそのもっとも大きい例かもしれません。

そして、もっとも危険なものかもしれないと言うことを

僕たちは学びました。

さらに、失敗が起きてからでは対処方法が限られてしまって

手遅れになってしまう事も多いということにも

気付きました。

だから、失敗の原因を探り、対策を打つとともに

そのリスクの大きさについても学ばなければいけません。

絶対に安全だと思う事でも

もしそれが壊れてしまった時の対処法についても

知っていなければいけませんでした。


しかし全てのことに注意しながら

生きていく事は難しいです。

危険を冒さないために引きこもっていては

何の目標も達成できません。

リスクと上手く付き合いながら

安全に生きていく必要があります。


「安全する」と言うコトバはない!

と本には書いてあります。

「安全する」ことと「働くこと」、「運転すること」などは

天秤にかけられないのだと。

安全に働く。

安全に運転する。

安全に生きていく。

それしかないのですね。


小さな失敗でも

その要因を探り対策を立てる。

同じ失敗を繰り返さないための

自分なりのルールをつくる。

重要度は高いけど、緊急性のないことだから

ちょっと後回しにしてしまいがちだけど

実は一番大切なことなんだなと

学んだのでした。



SEE YA!


| comments(0) | trackbacks(0) | 23:16 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 植物とともに、気持ちよく暮らす
『INDOOR GREEN and LIFE』という

観葉植物と共に快適に過ごすための本を買いました。


「NEO GREEN」という

観葉植物のショップを立ち上げられた

白田 仁さんが監修された本です。


インテリアのコーディネートを載せた本。

観葉植物を種類別に紹介する本。

それぞれに特化したものは今までもあったのですが

二つを融合した形のものはありませんでした。

この本に惹かれたポイントはそこです。

インテリアの中にどう観葉植物を溶け込ませるかという

ヒントを見せながらも

それぞれの種類別の特徴も載っています。
DSC_0540.JPG

さらに育てる環境について。
DSC_0539.JPG

植え替えの仕方。
DSC_0538.JPG

このほかにも

観葉植物が日本に入ってきて、

どのように波及したかの歴史までも載っています。

そして最終章は


ーインテリアにコーディネートすることを追求する果てにー

もう、観葉植物が好きすぎる想いがぎっしり詰まってます。

写真も雰囲気があってオシャレでとても参考になります。


東京に住んでいると

ほとんどの人がマンション暮らしです。

自分の庭はないので

緑とたくさん触れ合うためには

観葉植物を部屋に置くことが必要です。

でもただ置けばいいって訳じゃなくて

生活と一体化して

オシャレじゃなきゃ意味ないですよね。


植物の緑に見て触れて、

リラックスを感じることが出来る。

最近では生活に欠かせないアイテムに

なっています。


SEE YA!


ニューコンセプトボタニカルショップ
『NEO GREEN』



| comments(2) | trackbacks(0) | 22:54 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 『ありがとう』とつぶやく
『ありがとう』と年に30万回言うと

強運になると本に書いてありました。

まるでカルト宗教の呪文のように

『ありがとう、ありがとう、ありがとう、、、』と

1日1000回言うと1年で約30万回となります。

直接誰かに1000回も言うのは難しいので

ココロの中でつぶやけばいいらしいですが、、、

ただ単にありがとうと言い続けてもしょうがないですよね。

canvas.png
『セカンドマネーを創りなさい!』

この本の最終章に書いてありました。

成功を手に入れたいのであれば

何ごとにも感謝する気持ちを忘れるなと言うことです。

自分の力で成し遂げたわけではなく

色々な人の協力があって

たまたま上手くいっただけの話。

一人の実力だけで勝ち続けられるほど

世界は甘くないということですね。

仕事も投資も、恋愛も。


自分の周りで起こる事に対して

常にありがとうという気持ちを忘れなければ

不幸になる事なんてない。


お金についてのお話をずっとずっと読んできた最後に

人生でとても大切なことが書かれていたので

ブログに記しました。


誰でもやれることだけど

ついつい忘れて頭に乗ってしまう。

そうならないために

今日にありがとう。

明日も心の中で

『ありがとう』とつぶやこう。


SEE YA!




| comments(0) | trackbacks(0) | 00:08 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 2013年 読書記録 −2月−
さぁ2月も読みました。

ギリギリセーフで5冊!


読書記録2013 no.08


小さな会社の生きる道
IMG_0483.JPG
中小企業がブランディングと戦略を持って

自分たちの立ち位置を決め

今の時代を切り抜いて行くための本。

勇気が湧いたし参考になりました。

これと並行に読んでいたのは、、、

読書記録2013 no.09

経営戦略ワークブック
IMG_0588.JPG
実際の戦略の立て方、立てる意味を教えてくれる本。

会社を元気にする戦略をどういう風に考えたらいいかが

丁寧に書いてありました。

この本に沿って事業部単位のチームで

ワークしていくと自然と戦略が作れます。

方向性に悩んでいる。

なかなか売り上げが上がらないなどの悩みを抱えていたら

是非、みんなでやってみてほしいです。

僕も今、ある事業で実践中ですが

改めて会社の強さと弱さに気付いたり

自分たちが輝ける場所がどこなのか

真剣に考えるいい機会になっています。


さぁ次は自分の人生の戦略を。

読書記録2013 no.10

スタンフォードの自分を変える教室
IMG_0528.JPG
この本を読んで、現実をちゃんと見て

真面目に実践することが出来れば

間違いなく最高の人生になるのではないかと思います。

『将来の自分と今の自分を他人の様に思わない』

この1文にグッときました。

将来の自分をどこまでリアルに考えることが出来るか。

そしてその自分に感謝されるような今を生きたいと

強く思いました。



ここらでひと息、小説を。

読書記録2013 no.11

コインロッカー・ベイビーズ
DSC_0511.JPG

とりあえず、小説と言えど、

570ページは大変でした(笑)

表現方法がとてもリアルで

世界に入り込んでしまって、

通勤の電車の中なのに

朝なのか夜なのか分からなくなるくらいでした。

内容は題名の通り、

コインロッカーに捨てられた孤児のお話。

タイプの違う2人の男の子が

大人になっていく中で過去のトラウマと戦いながら

成長していく様が書かれています。

親も兄弟もいない。

頼れるのは同じ境遇で生まれ、育った、

もう一人のコインロッカーベイビーだけ。

自分とは何なのか。

仲間とは、友達とは何なのか。

自分の存在意義とは。

生きている意味はあるのか、ないのか。

世界のすべてを疑いながらも

さまよえる精神の中で自分の存在を少しずつ認めていく二人に

僕ものめり込みました。


実際、自分の周りの世界を疑い出してしまえばきりがない。

何がホントで何がウソなのか。

自分のこのココロの思いは、いったい何者なのか。

全てに疑問を唱え続けてしまうと現実なのか、夢なのか分からなくなってしまう。

そして何も信じれない、負のスパイラルにハマっていってしまう。

でも、その疑問を感じているその瞬間は

自分が存在しているという証。

まさにデカルトの方法的懐疑。

『我思う、ゆえに我あり』

改めてこの言葉を感じるような小説でした。



そんな感じでちょっぴり感傷に浸った後は

ちょっとおバカな本。

読書記録2013 no.12

あらゆる領収書は経費で落とせる
DSC_0510.JPG
元国税省産官の大村さんという方が書いた本。

まぁ、簡単にいうと

業務にかかわる事(無理やりにでも関わらせれば)

それは経費になりますよ、という内容でした。

ちなみに領収証がなくてもレシートやメモを残しておけば

問題ないそうです!

さらさらっと2時間弱かな!?で読めました。

娯楽として読んでもいいかもしれません。


そんな訳で月5冊。

2か月連続で達成!

明日から3月度としてスタート。

月初は余裕があるのでちょっと難しい本にでも

手を出そうかなと思います。


SEE YA!

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:47 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 意志力を鍛える −スタンフォードの自分を変える教室−
意志力を磨き、

人生を変えるための本を読みました。

今話題の、、、

『スタンフォードの自分を変える教室』
IMG_0528.JPG

この本を読むべき人、

それが冒頭にいきなり書いてあります。

誘惑や依存症に苦しんだり

物事を先延ばしにしたり

やる気が出なかったりして

困った経験のある方々


と。

これに当てはまらない人は

確かに読む必要はない。

本書にも書いてありますが

それは「鉄の意志力」を持っている人だから。

むしろ参考にしなければならない人ですね。

でもほとんどの人は

誘惑に駆られ

無駄だと分かりつつも

やめられない事があり

やった方が自分にとってすごくプラスな事と分かっていながら

なかなかやる気が出ない。

始められない。

そんな悶々とした日々を過ごしていると思います。

僕もそうです。

1つの目標を達成できたとしても

次から次へと欲が生まれ

尽きることはありません。

それを「人間だもの」と、

今までは、なかば諦めていましたが

この本を読んで変わりました。

意志力を鍛えることによって

もっと最高な人生にすることが出来るんだと。

本能に流され過ぎずに

ちゃんと自分をコントロールして

生き抜きたいと思いました。


意志力とは人生の目標を達成するために

自己をコントロールする力の事を言うそうです。

その力は筋肉と同じで

使い続けると疲れてしまうので

疲労感を感じた時はムリせず

リラックスすることが大切だそうです。

そして筋肉がトレーニングによって

鍛えられるのと同じく

意志力もエクササイズをすることによって

強く磨いていくことができるそうなんです。

その方法が本の中にたくさん書いてあります。

それを1つずつ、試してみることによって

自分に合った方法を見つけることが

意志力を最大化していくために大切なことだと

本の中にはあります。

その中で僕がこれはいいなと思ったことをあげます。


‥慘呂垢襪里髻屬佞弔Α廚砲垢
 
 無意識の力ですね。

 何度も同じことを言っていますが
 毎日の歯磨きのごとく習慣化することだとおもいます。


⇒澣瓩麓け入れるーただし、従わない
 
 一度、感じた欲求を全開で満たした時を想像する。

 それがハッピーならばOKだけど、

 そうじゃないなら諦める。


どんな誘惑を感じても10分間、辛抱して待つ
 
 これ、意外と僕には合っていて、
 
 10分あると興奮状態から覚めるので

 冷静な判断が出来るようになります。

 空腹感とかも10分待てば治まったりしますよね。


ぞ来の自分の姿を出来るだけ具体的に想像する

 
 将来を大事に想う、これに尽きる。

 
ゼ分はきっと変われると信じてはいけない

 この歳では、こんなはずじゃなかったと思わないようにする。

 何もアクションを起こさずして自分は変われない。


自分に厳しくしても意志力は強くならない

 厳しいばかりでは成長しない。

 精神力と意志力は違うと言うことを身に付けたい。

Р燭を欲しいと思う気持ちのせいで、ストレスや焦りを感じていることに気づく


 少し得をするともっと得をしたいと思ってしまいます。

 セールなんかはほんとにそう。

 もう少し待てばもっと安くなるかもとか思ってしまう。

 そんなストレスを感じてはいけない。


良い事をすると、悪い事をしてもいいような勘違いをおこす

 これ意外とやってしまう!
 
 ジョギングしたからビール飲んでもいいでしょー!みたいな、、、


瞑想する


 挑戦してみると本当に心が落ち着くことに気づく。

 眠れない夜は瞑想するか

 めちゃくちゃ楽しい事を妄想するのが良いと思う!



そんな訳で長くなりましたが、

目からウロコの気付きがいっぱいあるのです。

これこそ原版(英語)で読みたいと思いました。


当たり前の事の様で

ちゃんとは分かっていなかった楽しく生きるための秘訣が

見つかる1冊だと思います!

是非!


SEE YA!
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:23 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 小さな会社の生きる道。
中川政七商店を再生させた十三代。

中川淳さんが書かれた

小さな会社が苦境から復活するための

戦略とブランディングについての本です。


中川政七商店とは

創業は享保元年(1716)。

約300年の歴史があり

手紡ぎ手織りで麻織物を扱い続けている、奈良にある老舗です。


最近は伝統工芸をベースにした業態を確立して、


遊 中川

粋更kisara

中川政七商店

という3つのブランドを全国に展開している会社です。



引き出物や贈り物にも使える商品を扱っていて

あらゆる誌に取り上げられています。

僕がこのブランドを知ったきっかけも

『装苑』というファッション誌でした。

一時、売り上げが低迷を続けていた老舗を復活させた中川淳さんのビジョンは

『日本の伝統工芸を元気にする!』というもの。

これはモノづくりの現場にいる人間はみな同じようなことを思う。

心のこもった手仕事や

本当に均一に美しく作り出せる職人技はこの世からなくしたくはない。

元気にしたい。

でもそれを想っていてもなかなかアクションに起こすことが出来ない。

後継者問題はもちろんあるのだけれど、

やはりビジネスにならない事が多い。

デザインやマーケティングの問題。

作り手側のブランディングミスなど

出来ない理由をあげればきりがないが、

こういった問題は何も伝統工芸のみにある問題ではなく

あらゆる中小企業が頭を抱えている原因だと思う。

その状況を少しでも変えたいと思った中川さんは立ち上がり、

自らの体験を生かしコンサルティングというカタチで

中小企業のモノづくりに精力的に携わっていそうです。

本の中には5つの会社の事例をもとに

経営・ブランディング・ものづくり・コミュニケーションについて書かれています。

この本を読む前にちょうど戦略についての勉強をしていたところなので





実際のモデルケースを見ることによって

さらに理解が深まりました。

世の中はほとんどが中小企業。

その小さな集まりがマーケットの中にある

ニッチな要望に応えていく事が出来れば、

みんながもっと住みやすく便利な日本になるのではないかと思っています。

大企業の役割があれば中小企業の役割がある。

みんながみんな大きくなる事を目指す必要はなく、

本当に顧客のために役立つことを考えて

小さな限られた世界でも1位を目指せばいいと思っています。

差別化が頻繁に叫ばれますが、

込み入った環境の中で他と違うことを必死に探すのではなく、

自社の強みが十分に生かせるマーケットやコミュニティーを探すことに

一生懸命になったほうが生きる道があるのではないかと思います。

まぁこれも言葉で言うのは簡単ですが、

少しずつ実践していくためにも

まずは己をしること。

ライバルを知ること。

ベンチマークを見つけること。

誰にでも出来ることから調べ始めて立ち位置を決める。

次は登るべき山を決めて山頂を想像する。

目標が出来たら今度は登り方を決める。

一度決めた山は登りきる努力をする。

登り方は何通りもあるから少し道を間違えてもしょげない。

諦めない。

これはビジネスだけじゃなくて

人生にも通ずることだとこまで書いて気付きました。

戦略を考えるのは心から楽しめる。

計画・行動・検証・実行。

常に、常に繰り返す、

一歩一歩が実を結ぶのだね。

むしろそれ以外はない。



SEE YA!

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:35 | category: BOOK 読みました、泣きました |
# 2013年 読書記録 ー1月ー
ブログで読書目標を掲げて
(月に5冊!)

出来る限り読んだ本の感想を

書いていきたいとは思っていますが

もれてしまうものもあるので

ひと月のまとめ記事も書くことにしました。


読書記録2013 no.01


日本史ー近・現代史篇ー



さくさく読めて面白い。

これを読んでから色んな歴史本が

気になるようになりました。

ビジネスでも役に立つ近・現代史。

勉強するとニュースも面白くなるかも。


読書記録2013 no.02

# そういうものだろ、仕事ってのは


久々に読んだ小説。

装丁に惹かれて読んだものの

仕事に対するモチベーションについて

ひと息ついて客観的にみれる

いい機会になりました。



読書記録2013 no.03

フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。

自分ではなく、

奥さんが独立するのを記念して

サラッと読みました。

家庭の経理として活躍できるように

頑張ります!


読書記録2013 no.04

選択理論・超入門 −より良い生き方を選択するために−

選択理論の入門書。

人付き合いでちょっと考えてしまった時

是非、手に取ってほしい1冊です。


読書記録2013 no.05

黒か白かは単純すぎる ーメディア・バイアスー
IMG_0392.JPG
健康情報や科学を中心に例をあげ

テレビや新聞の報道を信じすぎてしまうのは

危険だよという内容の本。

今は手軽に情報を入手できる分、

嘘か本当か分からないものもたくさん

出回ってしまっている。

1つの事を色々な面から見て、

色んな人から聞いて、

自分なりに正しいと思う答えを出すことの

大切さを学びました。


この他にも番外編として

お金の勉強をコツコツしてます。


読書記録2013 no.06

『お金の教科書』
IMG_2638.JPG
本当に基本的な事だけど

意外と習ったことがないお金の知識。

入門編として読むにはバッチリの1冊。


今後の人生についてもう少し深掘りしたければ、、、

読書記録2013 no.07

『人生の値段 The Price of Life』
IMG_0284.JPG
コチラはより具体的に

これからの長い人生で

いったいいくら必要なのかを

一度考えてみるきっかけを作ってくれる本です。

読みやすく優しい内容です。

本の装丁や紙の雰囲気も

クラシックなぬくもりがあって素敵です。


というわけで、1月は7冊読了。

目標クリアです☆


2月も毎日コツコツ読書。

読みたい本がたくさんあって

順番待ちしいる状況なので。

頑張ります☆


SEE YA!
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:48 | category: BOOK 読みました、泣きました |
Comments
Mobile
qrcode
フルーツ〜魅惑の果実を求めて〜
Search this site
Sponsored Links